デザイナーズの注文住宅の魅力を解説します

既製品の住宅とは違い、デザイナーや建築士が企画から設計に関わって作り上げるのがデザイナーズ注文住宅の魅力です。内装がおしゃれだったり、素材にこだわっていたり、デザインが良いなどとったメリットがあります。注文主の希望通りの間取りや設備、材料などを取り入れてプランニングしてもらえるので、好みやライフスタイルにあった家造りができます。そのぶんだけ住みやすく、愛着のある家になります。ここでは、デザイナーズ注文住宅を建てる時の資金計画や、業者選びなどについて紹介します。普通に家を買うのとは違い、注文主が家造りに関わる部分が大きいので、慎重に準備を進めることが必要です。魅力的な住宅をデザイナーと建築士たちと作り上げていくという気持ちで臨みましょう。

デザイナーズ注文住宅の資金計画

有名デザイナーや建築士に依頼する場合には、費用は高くなります。現在の貯蓄額、家を建てるのに使える資金、毎月の返済額などを把握しておきましょう。土地代と建物代のだいたいの予算を出してみるといいです。住みたいエリアが決まっているなら、そのエリアの相場も考えておきましょう。注文住宅は土地探しも楽しみの一つです。住みたい街をピックアップしたら、実際に自分で足を運んで確認してみることが大切です。ただし、住みたい街に必ずしも土地が見つかるとは限らないので、土地探しを手伝ってくれる業者に依頼して、理想に近い土地を紹介してもらうといいでしょう。資金計画をしっかり立てておけば、こだわりたい所にはお金をかけることができるので、より理想に近いデザイナーズ注文住宅に仕上がります。

業者で決まるデザイナーズ注文住宅の仕上がり

普通に家を買うよりも、デザイナーズ注文住宅を建ててもらう場合は業者選びに苦労します。建築事務所に依頼する場合は、別の工務店が請け負うことが多いです。建築会社によっては、プランニング、デザイン、設計、施工まで一貫して行う所もあります。この時にどんなデザイナーがいるのか確認しておきましょう。建売物件に比べてデザイナーズ注文住宅は、家が出来上がるまでに時間がかかります。また、注文主と建築家たちがやり取りを交わす回数も多く必要です。しかし、その苦労とかかった時間の分だけ、自分の家に愛着を持つことができます。住んでから「あの時悩んだ部分がこう仕上がったのだな」という思い出と一緒に暮らすことができます。同じデザインが存在しないので、家そのものがオリジナリティを持っているのも魅力です。